設備の紹介

画像:MPS-VX05
機械名 横架材中間加工機 横架材木口加工機 横架材スリット加工機
MPS-15 MPS-15B MPS-24A MPS-24B MPS-45
(オプション)
加工対象部材 土台/大引/梁桁/胴差/母屋/棟木
加工基本寸法 材幅 90mm~150mm
材高さ 90mm~450mm
材長さ 標準仕様:720mm~6300mm
(素材は750mm~6500mmまで投入可能)
ロング使用:720mm~8200mm
(素材は750mm~8400mmまで投入可能)
モジュールピッチ 900mm~1000mm
画像:MPS-34
機械名 柱材加工機
MPS-34
加工対象部材 通し柱/管柱/化粧柱/束
加工基本寸法 柱断面寸法 正角=90×90mm~180×180mm
平角=105×120mm~150×180mmの範囲で幅と高さの差が30mm以内
加工長さ 標準仕様 胴付長で150~6500mm、投入素材長さで680~6600mm
ロング仕様 胴付長で150~8900mm、投入素材長さで680~9000mm
画像:MPC-13
機械名 高速羽柄三次元切断機
MPC-25
加工基本寸法 材幅 45~240mm
材厚 30~90mm
材長 150~6100mm
(素材は1000~6200mmまで投入可能)
画像:MPD-11
機械名 合板加工機
MPD-11
加工対象部材 床合板/壁合板/屋根合板/パネル用合板
素材寸法 長さ 1820~3030mm
600~1220mm
厚さ 6~35mm
画像:CAD

意匠CAD「アーキトレンドZ」との連動でプレカット図面を元に3次元図面(骨粗図)を作製し、設計の段階で確認ができます。また、設計データからプレカット図面との整合性を図ることができ、プレカット図面より確認申請図が作成できます。N値計算ソフトによる金物配置図面の作成、構造計算ソフトによる躯体の許容応力度の確認が可能です。

匠をつなぐ
  • プレカットの特徴
  • プレカットの種類
  • 設備の紹介

お問い合わせ